住宅履歴情報とは?

自動車で考えると「整備手帳」のようなもの。メンテナンスや部材の品目、修繕の履歴が分かる。

住宅履歴情報はいわば家の「履歴書」

住宅履歴情報とは、住宅の設計や工事、アフターサービスや権利及び資産に関する情報をいいます。具体的には「設計図書」と呼ばれる平面図、施工図をはじめ、建物に使用した部材・部品、維持管理の記録を情報として蓄積します。いわば住まいの「整備手帳」のようなものです。

なぜ住宅履歴情報が必要なのか?

長寿命を実現させる基礎データの整備が必要

各種保証書や取扱説明書も保管が可能に

日本の住宅の平均寿命はおよそ30年といわれ、欧米と比較してもかなり短いことが指摘されています。これは築年数が経った建物は資産価値が低くなってしまうこと、中古住宅の流通が少ないなど、さまざまな要因が考えられます。
今後は物を壊して建て直すのではなく、「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」、住宅をストック型社会の住宅へと転換することが求められています。

情報を蓄積した住まいとそうでない住まいの違い

計画的な維持管理の実現と災害、製品リコール等の迅速な対応が可能に

維持管理に住宅履歴が使用されることも

住宅履歴情報を記録しておくと、定期的な維持管理が可能になるだけでなく、万一、部品等のリコールが発生した場合、対応が容易になることが期待されています。また定期点検の履歴が残っているので売却するときに有利になるといわれています。

住宅履歴の活用

中古住宅の流通促進、資産価値の向上に役立てられることが考えられています

履歴を保管することで、資産価値が高まることが予想される

住宅履歴情報を適切に保管しながら、維持管理することで、欧米のようなストック型の産業へ転換とともに、持家比率も高まっていくことでしょう。
また、古い住宅でも資産価値が認められるようになれば、住宅ローンの総額を下げることができ、所得の少ない世帯でも住宅を保有することが可能になっていくでしょう。
人間が生きる上で、大切な住環境をよりよくするためにも住宅履歴情報は必要なのです。